レインウェア・アウトレット・ショップ
アビー・レインウェア・ショップ
HOME Shopping 買物カゴの中身を見る 商品選びOne Point お買い物の前に 会社概要
   


<よくある疑問・質問>



Q1. レインウェアを着用していて、雨が漏れてきたのですが、
やはりレインウェアとしてはもう使えませんか?


Q2. 撥水効果はどれだけ長持ちしますか?

Q3. レインウェアの寿命はどれくらいですか?

Q4. 剥がれた防水テープは自分でも貼り直せますか?

Q5. 洗濯機で洗っても大丈夫ですか?

Q6. 高価な透湿のレインウェアより、安価な非透湿のレインウェアの方が
丈夫な気がするのですが?






Q1. レインウェアを着用していて雨が漏れてきたのですが、
やはりレインウェアとしてはもう使えませんか?


A1. 漏れた原因によります。

「雨が漏れる」という現象は、「レインウェアを通して内側まで雨が浸入し、衣服を
濡らす
こと」を指しますが、その理由として次のような事態が考えられます。

1.レインウェアの生地その物に原因がある場合
  a.生地に傷がついている。(特に裏面)
  b.生地が擦れて裏面の樹脂が剥げている。
  c.生地自体の、耐水圧が最初から低い。(安物に多い)

2.レインウェアの縫い目裏の「防水テープ」に問題がある場合
  a.テープの接着が不十分。(剥がれてしまっている)
  b.テープその物の耐水圧が不足している。 → 防水テープについて 参照

このうち、1番に関しては修理が不可能のため、もう使えません。しかし、
2番に関しては修理をする事により、再度お使いいただける状態になります。
弊社にて2番に関する修理も承っておりますので、一度ご連絡ください。


また、よく似た現象でありながら、「雨が漏れていない」状況のものとして、
次の2点が考えられます。

3.レインウェアの内側の結露
    蒸れて、衣服内の湿気がレインウェアの内側に結露して濡れてくる。
    結露を防ぐための「透湿性」の能力を備えるレインウェアをお使い頂くと
    解消されます。ただし、この「透湿性」の能力を超えるくらい湿気の多い
    地方では、結露してしまう可能性があります。

4.撥水効果が無くなった
    雨を生地の表面で「水玉」にして弾く現象を「撥水」といいます。
    この「撥水」は、「防水」「耐水」と違う性質の物で、使用頻度に応じて、
    効果は次第に弱くなります。
    撥水効果が無くなると、レインウェアの表面に水が染みこむようになり、
    一見、びしょ濡れに見える事から、「雨が染みこんだ」と感じてしまう
    という例が非常に多いのですが、上記の1、2に問題がなければ、
    実際は内側まで水を通していません。
    撥水剤の使用により解消されます。 → Q2.参照







Q2. 撥水効果はどれだけ長持ちしますか?

A2. 普通(※)以上の雨だと1回の着用で効果はなくなります。

傘を差して歩く場合で、衣類がさほど濡れない程度の雨であれば、
10回〜15回着用してもある程度の効果が感じられると思います。
ただし、レインウェアを使用しなくても、撥水剤は自然と気化してしまう性質が
ある
ので、長い間使わないでいると、効果がないという事もあります。

市販の撥水スプレー(シリコン剤が良い)を塗布すれば、撥水効果は回復します。
弊社でもお取り扱いしておりますので、ぜひご利用ください。

(※)普通の雨・・・目安として、自動車で40km/hでの走行時に間歇ワイパーでは見にくい位の雨





Q3. レインウェアの寿命はどれくらいですか?

A3. 新聞配達員・ゴミ回収業の方(週に2〜3回程度の着用)で、およそ1年。

月に1〜2回程度の着用であれば、当然これよりも長持ちします。
ただし、使い方やお手入れ方法によっては、1回着用しただけでダメに
なってしまう
事もあります。 → レインウェアのお取り扱い方法 参照





Q4. 剥がれた防水テープは、自分でも貼り直せますか?

A4. 不可能です。

一度剥がれた防水テープは接着力も無く、貼り直しは出来ません。
市販の防水テープをアイロンで貼り付けるというやり方もありますが、
「接着力が弱い」「樹脂が傷む」などの理由でお勧めは出来ません。

弊社に専門のテープを貼る機械がありますので、ご要望あれば修理いたします。
その場合は一度、ご相談ください。





Q5. 洗濯機で洗っても大丈夫ですか?

A5. 2〜3度であれば大丈夫です。 しかし・・・

レインウェアを長持ちさせたいとお考えであれば、極力避けた方が良い
思われます。面倒でも、汚れた部分を手洗いする、という方法が、
長持ちさせる秘訣です。また、洗濯機の場合も、手洗いの場合も、
干す時は必ず陰干ししてください。 → レインウェアのお取り扱い方法 参照





Q6. 高価な透湿のレインウェアより、安価な非透湿のレインウェアの方が
丈夫な気がするのですが?


A6. その通りです。

透湿のレインウェアは、ポリウレタン樹脂コーティングの製品が多いのですが、
この「ポリウレタン」は非常にデリケートな素材で、激しい摩擦が起こると、
傷んでしまう
事が多いのです。

それに比べ、非透湿のレインウェア(完全耐水レインウェア)に使われている
PVC樹脂は、ポリウレタンよりも強度が優れており、少々雑な使い方でも、
ポリウレタンほどは傷みません。

しかし、PVC樹脂はポリウレタン樹脂に比べ「蒸れる」「重たい」などの欠点があり、
ポリウレタン樹脂の方が「快適に着こなせる」という点で圧倒的に勝っています。









お買い物を始める 現在の買い物カゴの中を見る 1つ前の画面に戻る HOME